天然水でお料理がおいしいです

天然水をお料理に利用するようになって、以前とずいぶん変わったことがあります。
それは、まずお茶、コーヒーの味です。
お茶は、そんなに高くないお茶でも、非常にきれいな緑色でとろっとした玉露のようなお茶がでます。
この違いは誰にでもはっきりわかるでしょう。
コーヒーも味がすっきりとして酸味や雑味が少なくまろやかにいれられます。

ご飯を炊いた時にも違いがわかります。
炊きたてのご飯のつやが大変よいのです。そしてふっくら炊きあがります。
そして、一番違うのはジャーの中に1日入れた後です。
水道水だと固くなったり黄色に変色したりするのですが
天然水を使うとそういうことがなくいつまでも白くて柔らかいままです。

出汁をとった時も、カツオやコンブの風味が一層引き立つのが天然水です。
出汁の色も澄んでいてお吸い物にするととてもきれいです。

パンを焼いた時にも醗酵の具合が天然水の方がよいのです。
ミネラル分が多い事がよく作用するのでしょうか
おいしいパンが焼けます。

天然水でお料理をするようになってから
料亭やレストランの味に近づいたようなおいしさがでます。
お水はすべてのお料理の元だとつくづく感じました。
毎日のお料理に天然水はどうしても欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です